株に夢をかけて~元証券レディの奮闘記

よかったら私の投資予想と戦績でもご覧ください

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
自動車メーカー各社が3日発表した9月の米国市場での新車販売台数によると、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車の日本勢3社が、そろって同月としての過去最高を記録したそうです。他方、米最大手のゼネラル・モーターズ(GM)と2位のフォード・モーターは大幅減に。ハリケーン来襲後のガソリン高を受け、燃費効率が良く小型車を中心とする日系メーカーと大型車が主力の米系の明暗がくっきりと分かれる形となったようですね。
台風がもたらした意外?な効果ですが、そもそも一般に市販されている車が特に大掛かりな整備も無く十数年走り続けられるのは世界中探しても日本産だけだという話を聞いた事があります。
本当かどうかは分かりませんが、品質の高さは世界が認める所のようですね。


本日の東証。
日経平均、13738.84円で大きく反発。
前日の米国市場での半導体関連株の上昇や円相場の下落基調などを好感し、ハイテク株が大幅高となりました。これまで相場をけん引してきた鉄鋼株や銀行株は利益確定売りに押されて軟調な展開となりましたが、ハイテク株の上昇が補う形で日経平均の上昇基調は途切れず、相場のけん引役が交代した形となったようです。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりの反発に。

注目株 サンケン電気(東1/6707)、ヤフー(東1/4689)、MTジュネックス(JQ/9820)、日立国際電気(東1/6756)、岡山県貨物運送(東2/9063)、日本管財(東1/9728)、ジャストシステム(JQ/4686) 上がりました。

東証1部値上がり銘柄数986、値下がり銘柄数589、変わらず90でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。