株に夢をかけて~元証券レディの奮闘記

よかったら私の投資予想と戦績でもご覧ください

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
香港ディズニーランドの開園から12日で1か月が経過しました。中国本土から香港へ観光客を呼び込み、香港経済再生の期待を担ったオープンでしたが、試金石だった国慶節(中国の建国記念日)の期間中(9月30日~10月9日)、期待された中国人旅行者は昨年と同水準にとどまり、“ディズニー効果”には疑問符がついたようです。
香港メディアによると、期間中の入場者数は最大1日約2万人で、収容能力の約7割。来場者の3割は中国本土からの観光客と見られるが、香港全体を見渡した期間中の中国人旅行者は、昨年とほぼ同じ約44万人にとどまり、数字を大きく押し上げはしなかったとか。
日本のディズニーランドも今年は愛知万博のあおりで来場者数は減少したそうですが、今後はどうなるか?中国ではディズニーアニメを知らない人の多い地域もあるそうですし、気になるところですね。


本日の東証。
日経平均、13449.24円で小幅ながら続落。
高値警戒感で乱高下した前日12日の地合いを引き継ぎ、後場寄り直後までは先物売りが優勢で、現物株相場は裁定解消売りに押されました。ただ、その後はあす14日の株価指数オプション10月物の特別清算指数(SQ)算出を前に仕掛け的な買いが先物に活発となり、大引け直前に日経平均は上げに転じる場面が。
日経平均は前日同様、先物に振り回される荒い展開となりました。後場寄り直後、下げ幅が200円近くに達し、1万3200円台半ばに下落したが、その水準では値ごろ感からとみられる買いが銀行株などに入り、日経平均は下げ渋り。大引けにかけては、先物への大口買いをきっかけに急速に値を戻しました。

注目株 パイロット(東1/7846)、長谷工(東1/1808)、九州リース(福岡/8596)、みずほ(東1/8411) 上がりました。

東証1部値上がり銘柄数651、値下がり銘柄数910、変わらず102でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。